教育理念

キリストの愛の精神に基づいた道徳教育を行い、あらゆる活動を通して、
自主自立を養い、円満な人格形成を育みます。
モンテッソーリ教育法により、一人一人神からいただいた個性を育てるべく
環境をととのえ、縦割クラス編成により、お互いに思いやり、助けあい
ながら、キリストの愛を生きようと目指しています。

教育方針

八幡カトリック幼稚園では、モンテッソーリ教育を取り入れています。








モンテッソーリ教育の目的と教育内容

野に咲く草花や小鳥たちすべての生き物は、誰のお世話も受けることなく
美しい花を咲かせ、自由に空を飛んで生き生きと生きています。
その源は、生命あるものすべての内にある生命力によるものと感じる事が
出来ます。
モンテッソーリ教育の創始者 マリア・モンテッソーリは、すぐれた洞察力
と医学的知識を充分に生かしながら、乳幼児の内に秘めた生命力と発達に
目をとめました。
赤ちゃんが、はいはいし つかまり立ちをはじめ やがて自分の力で
歩きはじめるように、自分をつくる課題にむかって特別に興味を示す
時期があり、これは他の誰がさせようと思っても出来るものではありません。
子どもが、自ら成長発達するための内面からあふれでるエネルギーに
いつも応えられる教材を準備し環境を整えています。
自分のしたいことを満足するまで取り組んだ子どもは、心が満たされ
平和な気持ちになり、まわりの人にもやさしくできるようになります。
この環境によって心も体も育っていくのです。
この幼児期の成長・発達の源である生命力をしっかりと見つめながら
個性に見合った教育をしていこうというのが、当園のめざすモンテッソーリ
教育です。

※職員全員 デュプロマ (モンテッソーリ教育教員免許) 取得者です

------