沿革
昭和30年4月、パリー外国宣教会の
フランソワ・ドルエ神父によって創立された。
当時はまだ、戦後の傷が残された社会情勢の中にあって
人格形成に於ける最も大切な幼児期の教育を、キリストの精神で
円満・明朗な子どもたちに育てたいとの願いで、子ども30数名により発足した。

昭和30年4月 開設
       初代園長F・ドルエ

昭和49年4月 制服より自由服になる

昭和55年   モンテッソーリ教育導入

昭和59年4月 縦割り保育始まる
       ・教師をモンテッソーリ養成コースへ派遣

平成元年   新園舎落成

平成3年4月 2歳児保育始まる

平成16年6月 預かり保育実施

平成18年1月 創立50周年記念式典

平成26年10月 給食開始(週1回)

------